ピッチャーが行うストレッチと練習内のちょっとした工夫

椅子に座って肩甲鎖流しを行う場合です。指導していても肩周りは常に意識させますね。バッティングでもピッチングでも肩甲骨と肋骨の間のスムーズなスライドが出来ない日はもの凄く調子が悪いですから。方法っていうより考え方を変えるのが上達に繋がったりするんで、視野が狭かったり考えに柔軟性が無いって人は面白いかも。

伸ばすのは無理やりではダメ。肩周り全体で考えてじっくり行う。胸骨側も常に意識することが大切ですね。

あごの位置を変えないで行ったりすると身体の回転を抑えられるかな?両腕で行う場合はかなり難易度が高いのであまり無理しないで行ってください。バッティングでいえばインパクトの三角形を作るベースになるので打者もやっておいて損は無いかなと。

詳細はこちら

サブコンテンツ