その場で頭を動かさずに軸回転スイングするのは達人クラス!?

これは…wどんまいです。さすがに私は何も言えませんね。頭の位置を固定するように軸を意識させてスイングさせることで、立位での適切な力の抜き方が出来るようになり、結果的に動的なバランスが高度に保てるようになる。そうするとバットに対して体側が自由に動く…ってところまで理解していればいいのでしょうけどw

逆に、頭の位置を動かさず腰を落として両脚を踏ん張ることで重心を安定させる。そうして静的なバランスをキープするのが良いスイングに繋がるんだって考えていらっしゃるのなら無理でしょう。もちろん悪気があってやってるのなら別ですが、大半はそうじゃない場合が多いわけですからそれはしゃーないですよ。

上手く流すか…あくまで通過点と考え我を通すか…。どちらにせよ軸のスイングは自宅で練習しておくといいですよ。試合で結果を残せているのなら嫌われていない限り、さすがに強くは言えませんからね。

んー、これ結構難しいですよね。石川もよくつべで突っ込まれるけど…頭の位置を動かさず目線をブラさず突っ込まないようにリラックスして打つっていうのさ。

だって剣術で言い換えれば、スッとその場で気配を消して静かな気持ちで立ち、軸を意識し敵が斬りかかってきても焦らずおごらず、ただただじっと待ち、次の刹那で敵の首筋に刃を当てる…。達人だろwっていつも思う。

その場で居着くというのは相手に『どうぞご自分の好きなタイミングで斬りかかってきてください』って言ってるようなもんですからね。それをいついかなるタイミングでも対応してみせましょうってなると相当な身体運動を求められる。

だから、学童で「その場で頭動かさずに軸の回転で打て」っていうのは、じつは相当難しいことをやってるんじゃないかとw

じっさいに子供たちに手っ取り早くダーってボールに突っ込んでいく体重移動をさせると、固かった動きが楽になりけっこう打てたりするのもたぶんそんな感じだろうな。ここらへんはフォームや打撃スタイルの問題もあるから難しいですけど。ただ1つ言えるのはその場で軸回転で打つのは達人クラスじゃね?ってことwww

詳細はこちら

サブコンテンツ