バットスイングの「速さ」と「早さ」の違いとは何か?

これは以前質問を頂いたものです。ブログでヘッドスピードの「速さ」を「早さ」と表記しているから間違っているというご指摘です。これ実は意図的に使い分けてます。「(ヘッドスピードの)速さ」と「(動きだしの)早さ」ですね。バットは速く振るほうが良い…のですが、加速しきるまでに時間がかかるとタイミングを早くしなければいけないわけです。

動き出しの早さを求めていくとヘッドスピードが遅くてもギリギリまでボールを見極められるため打率が安定してきます。

もちろん、両方あったに越したことは無いのですが、学童野球の試合ではヘッドスピードがある程度のレベルに達している選手には、動き出しの早さを練習させるとヒットがめちゃくちゃ打てたりします。

打球を遠くへ飛ばすためにはとうぜん早さだけでは心許ないのですが、ここにインパクトの破壊力やタイミングを外されても対応できるスイング全体のバランスが加わってくると素晴らしいスイングになるかなと。

これだけ雑に書いてるとタイプミスもめちゃくちゃあるでしょうけど、速さと早さは一応使い分けていますw

詳細はこちら

サブコンテンツ