フォロースルーで腕が止まってしまう非力系にお勧めな練習

コンパクトにスイングするフォームを練習していて、なおかつフォロースルーで腕が止まっちゃうバッターにお勧め。ストバスの形であごを残しつつ両肩甲骨のラインを上手にスライドさせてあげると結果的に大きくなります。腕を大きく使ってバットをセンターへ投げるイメージやキャッチャー側の手をグリップから離したりするのもいいことだけど、やっぱこの部分がポイントかな。

腕はコンパクトで体幹を大きく使っていくというのはストバスが一番わかりやすいです。

力が無いバッターを指導するときは、バットを振り切ることよりも当てて転がすことを優先させてしまいがちですから、こういう部分でしっかり深部から振り抜くことを徹底したいですね。

背骨と肩甲骨の間から押し込むようにゆっくりと動作を確認すると、良い感じであごが残りコンパクトなフォームでも鋭いスイングができるかと思います。石川は小学生のころは「脇を締めたコンパクトなダウンスイング」だったので全然打球が飛びませんでしたが、あのフォームでも体幹から振り切ることができてたら、けっこう打てたんじゃないかといま思うw

もちろん、いきなり自分のフォームに入れると難しいのでストバスでゆっくりティーバッティングを行い、腰の回転では無く上半身のスライドを意識させながら行うと良い練習になるかもしれませんね。

詳細はこちら

サブコンテンツ