片手のティーバッティングは小学生が行っても大丈夫??

少年軟式用の金属バットはいくら軽いとはいえ、子どもが片手で振るというのは危険ではないのか?確かに振り回すように扱えば腕への負担は増えますね。片手ティーは多くの場合ミートを目的とした練習になると思うんですが、それだと小手先の操作でボールに合わせに行く小学生が多いですよね?だから片手は筋力的に無理だってイメージが先行するかと。

石川は小学生でも例外なく片手ティーを指導していますよ。もちろんやり方が異なりますが。

こんな感じでバットの重みを身体でわからせてあげて『こんなに重いんだから、無理に操作したらダメだよ』っていうのを無意識に気づかせる。地味な練習ですがこの後のスイングがすごくいい。

だらーんって片手でスイングすると『力を抜いてもけっこうバットは動くんだ』ってわかってくるんですよ。イメージ的には「ヒットを打つために必要な力を計算しやすくなる」って感じですかね?

こういうだらーんってスイングは子どものほうが断然うまい!!それをフォームに上手くリンクさせると「軽く振ってる感じなのにあの子はヒットを打つな」ってなりますwバットに素直になると勝手に動き出す。これを気づかせるために片手ティーはお勧めです。ミート練習は…私もよくわかりませんw

詳細はこちら

サブコンテンツ