バッティングのタメのイメージを小学生に伝えるとき役立つ

上半身のタメを小学生に教える場合どうするか。これはかなり難しい。タメそのものが『グッ』と踏ん張った時に感じる力感では無いってことが1つ。もう一つはグリップをキャッチャー側へ残したらタメが作れて肩の開きを抑えられるわけでは無いってこと。勝手に後方へ残った時に各関節がズレ合うことでタメが作れるっていうイメージを教えないと。

もちろん言葉で伝える時はイメージが大切ですね。理論っぽく教えると意味ないので。

試合中に『リラックスしなさい』というのはそういう事だよ。って教えるのは効果が高いかも。打ちに行くときにキャッチャー側にグリップが残ってギリギリまで開きを抑えることができるバッターは、ガチッと安定した取っ手でタイヤは引っ張らない。

引っ張りにくいからこそ勝手に残り上半身はズレ合う。そんな感じ。

普段やってる自宅やアップ時のストレッチも、ただ伸ばすだけではなくこういう部分をイメージさせながら行わせるとリラックスが自然と身に付きますよ。

詳細はこちら

サブコンテンツ