バッティングが苦手な小学生に教えておきたい2つの方法

部活で野球をやってるとバッティングの面白さがわからないまま嫌いになってしまった…そんなパターンが結構あるんじゃないかと。石川少年がそうだったのでw練習を毎日してるとボールがバットに当たるようになってきますが、ヒット性の当たりが出ないとやっぱつまらない。気持ちよくスイングしてヒットを打つために教えておきたいこと。

バッティングはバットを使って行う運動だからこれは避けて通れないかな。

もちろん基本のバッティングフォームを習得してこそ意味がある。普段の技術練習を怠っていてスキルレベルが低い選手が、これをやれば打てるのかといったら、そりゃもちろん打てません。何度も言ってますがバランスが大切。

野球部の目からみて“普通にスイングしてるな”というレベルまで練習あるのみ!!バッティングセンターでもいいし、素振りでもティーバッティングでも構いません。とにかくやらなきゃ打てません。

ただ、ちゃんと練習している子ならバットという道具の性質を身体で理解させると面白いし、その場に居着く癖を直せばボールに喰らいついていける。こうなってくるとバッティングは嫌いにならないはずです。ぜひ試してみてください。

詳細はこちら

サブコンテンツ