アウトコースに苦手意識を持つ選手はとにかく打ち込むこと

外角のボールがどうも打てないっていう質問。もっとも重要なのは、バッティング練習を徹底して行い自分のストライクゾーンの形を作ること。これは選球眼にも影響してきますが、ジュニア選手はそれほど打撃スキルが高くない場合が多いので見極めが下手くそですが、上級生になると技術も高くなり打てるコースと見逃すコースの区別がわかってきます。

そういった上で、咄嗟のときにバットが出てこないという場合。

これは皆さんも体感としてわかるんじゃないでしょうか?いくら自分で作ったストライクゾーンでは外角ギリギリのボールであっても『その幅だったら俺は飛び越えられるな』という安心感が無いと躊躇なくジャンプ…もといスイングはできません。

壁を使ってイメージしていくのは、子ども的なイメージでいえば分身の術って感じですかねwナルトごっこさせながら『そこのコースは届くんだ』って感覚を覚えこませると良いかもしれません。いざという時にバットがパッと出てくるというのは相当自信が無いと無理ですから。

詳細はこちら

サブコンテンツ