アンダースローのグラブの巻き取りはコンパクトに行う

これはバッティングでも同じなんですがボディスピンは「クルッ」と淡白に回転しちゃうのでは無く、なるべく軸を基準に前後に体幹をズラすよう動かしたいんです。グラブ側の巻き取りは勢いよくやった方が威力が出るんだけどアンダースローの場合は結構難しい。んで、腕を大きく使おうとすればするほど体幹が意識しにくくなるという代償もあるわけで…。

前傾してからテイクバックに入るシーンで前後に肋骨を割る動きは独特なんで、ここはじっくり練習したいですね。

ピッチングフォームを固めていく段階である程度コンパクトに巻き取る形を作ると良いかもしれませんね。

実際にボールを投げて行う場合は、近い距離でのキャッチボールで「コンパクトな巻き取り」と「中臀筋の抜き動作」のセットで練習すると効率がいいかも。タイミングが合うと自然とリリースポイントを前に持っていきたくなるのでお勧めです。

詳細はこちら

サブコンテンツ