アンダースローで骨盤が上手く前傾できないときの対処法

アンダースローの体重移動で仙骨と頭頂までの軸が上手くコントロールできない場合。昔から良いピッチャーはお尻がデカいって言われてるけど、股関節側のお尻でしっかり体重を支えることができると安定して軸移動が行える。アンダースローの場合は軸を前傾しなければいけないので難しいけどバランスが大切なのでやりがいはある。

運動不足でお尻がキツイという意味では無く、この動作を行うと膝が大きくつま先側に出て腰の位置が異様に低くなり踏ん張るような動きが出る人だとアンダースローでは良いボールは投げられないです。

腰が落ちて大腿四頭筋が「キツイ」と感じてしまう場合、ピッチング動作では役に立たないブレーキ要素が多い証拠なのでアンダースローには全く必要ありません。

踏ん張らずにこの動きを行うにはバランスが非常に求められますから、子どものほうが上手だったりするんですよ。そういう理由からも、じつは小学生のアンダースローはお勧めだったりします。

詳細はこちら

サブコンテンツ