打席で緊張してしまいがちなバッターが気を付けるべきこと

試合で打席に入るといつも緊張してしまうという質問。身体が固まると良いスイングが出来ないっていうのは一番最悪ですが、それと同時に精神的に余裕が無くなり色々と余計な事を考えてしまう状態で打席に立つというのもリスクが大きいですよね。石川自身も学童の時はバッティングが嫌いで緊張してしまう選手だったのでこれはよくわかります。

西武ライオンズの“おかわり君”こと中村剛也選手がたまにみせる右腕をダラーンと垂らすのは使えますね。緊張していると無意識に肩が上がってくるのでリセットする意味でもギリギリまでやるのもアリかと。

それからその場で軽く上下動をする。これも全身をリラックスできるのでお勧めです。脚が震えたり、地に足着かずでフワフワしてるときもすぐに戻せますからね。

バット中心操でバットを揺する動作をアレンジしながら自分のルーティーンを作り出すのも面白いかも。学童の試合で余裕を持って揺すれる選手は、かなり打てそうな雰囲気が自然と出ますしw

詳細はこちら

サブコンテンツ