背中側を柔らかくすると上手く体幹を使ってスイングできる?

肋骨回しが上手く出来なくて肋骨を動かすようにと教えるのが難しいとのこと。これは小学生に伝えるのが難しいトレーニングの1つですよね。『そうやってスイングしなさい』って簡単な話でもないですから。実際に選手を指導しているわけでは無いので深くは解説できませんが、1ついえるのは背中側の拘束を取り除くと上手くいくことがあるくらいかな。

肋骨を引く動きが自分のバッティングに自然と入るようになると何のメリットがあるのか?って部分なんですが、上半身のタメが作りやすくなるからなんですよ。だから極端な話、肋骨にくっ付いているパーツ(肩甲骨、鎖骨、背骨、胸骨)がすべて外れてくれれば自由に動くわけです。

でも、それは人体の構造上では不可能。ただ、それに近づく事はできるんですね。それが“リラックスしなさい”というやつです。

背中側が固いと肋骨を動かそうとしても上半身が一体となって動いてしまうので、そこを柔らかくしてあげると上手くいくかもしれません。背もたれで行うのもいいですし、外で行うならバットを使って行うのも効果が高いかと。バランス悪いと良い感じでコントロール能力も鍛えられますからね。

詳細はこちら

サブコンテンツ