基本のフォームを教えるのと同時に柔らかさを活かすことが大切

具体的にテイクバックを教えていくときにどういう流れがいいかって話。指導の流れ的には、まず基本の投球フォームをつくるときに肘はできるだけコンパクトに動かす形を覚えさせる。で、こども特有の柔らかさをそこへ活かすようにするって感じでしょうかね?どちらかが欠けてしまうと「ぎこちなさ」や「違和感」は無くならないかなと。

身体がガチガチな子どもは肘をコンパクトにするとクランク的な動きになると思うんです。そういう子にはハンドウェーブはおすすめwゲラゲラ笑いながら真剣にやってるとかなり良いんですよ。

実際に柔らかなハンドウェーブをしつつボールを投げるって練習もしてましたが、けっこう使えますね。ボールやグローブを持つと途端に動きが固くなる選手もいるのでそこは常に注意が必要かもしれません。

コンパクトなテイクバックの形になるフォーム作りは技術指導の問題なのでなんとも言えませんが、プロの投手のフォームを参考にして上手くいかないって人は圧倒的に柔らかさが足りないと考えてください。センスと技術のバランスですね。

詳細はこちら

サブコンテンツ