肋骨の引きで力の方向を柔軟に変えられるバッティングとは?

バッティングで肋骨を引く動作なんですが、これは主に体幹から強い力を生み出すために行います。が、その強い力という部分が難しい。複雑な力配分を必要とする力なのか、単なる一方方向の力なのかで大きく異なるんですね。「粘りのあるスイング」って表現すると思うんですが、同じ力でもそういう力の向きを自在に変えられるタイプを目指すべきかなと。

対人でのトレーニングをお勧めしているのはその部分が大きいです。柱などを引っ張るとベクトルが安定しているので引く力のコントロールが比較的簡単です。

座っている人を引き起こそうとするとこれが途端に難しくなりますからね。脚を前に出して行うことで腰の不用意な回転を抑えてトレーニングができるので肋骨系のトレーニングを行っている人は、ぜひお試しください。

個人的には手を取り合って行う練習は小学生や中学生にもっと行わせるべきかなと思ってたりもします。

詳細はこちら

サブコンテンツ