プッシュアップで効果的に野球で使う肩周りを強化する方法

腕立て伏せはかなり苦手でしたね。中学生の時は手塚理論を実践していたので直線的な動きに対して拒絶反応があったのも影響しているんでしょうがw『ピッチャーが胸筋を鍛えるのはあまり良くない』って言われていたのも大きかったかな。んで、肩甲骨と肋骨の間を鍛えてた時期があったんですがこの方法は腕立てが苦手な選手にはかなりおススメですね。

基本的に筋力強化として考えて行わないことがポイントですかね。

ローリングを行う場合は順回転と逆回転の両方を行うと良いかもしれません。ピッチングではテイクバックからトップへボールを持っていくシーンでは、逆回転のスムーズさが役に立ちますからね。

それからバッティングでもこういうプッシュアップの方法はスイングのスムーズ化に繋がるので、筋力強化とは別に行うといいかもしれません。

詳細はこちら

サブコンテンツ