グラブの巻き取り動作は体幹部の柔らかな引きも大切

グラブの巻き取りは球速が上がる感覚があったので私も学生のころはよくやりました。力の抜き方や固定的な支点の排除など肘を中心に考えてしまうんですが、それ以上に軸を基準にして肋骨と肩甲骨を前後させる動きが重要だったりする。身体をムリに捻ってしまうとリカバリーするのがきつくなるので前後と回転を区別することが大切かな。

この動作はグローブの重さも関係してくるかもしれませんね。けっこう重いグローブの場合、ある程度重心感知がアバウトでも巻き取りが上手くいくんですが、コンパクトで軽量タイプを好むピッチャーはそれだけ高度な動きが求められるかなと。

回転にならないためにはやはり胸骨付近の柔らかさは必須です。上手くいくとリリースポイントがキャッチャー寄りになるというメリットもあるのでこれは繰り返し練習すると良いかもしれませんね。

詳細はこちら

サブコンテンツ