ヘッドを揺すってから素振りをすると良い感じで振れる

バット中心操で重心を感じながらの素振りですね。これはどの年代の選手にも指導してた方法。揺すり方が控えめでもしっかり重心が感じられる選手ならそれでも全然OK。だけど、土台を不安定にさせた方がヘッドの重みはわかりやすいからこれくらい揺すっても良いかもしれません。試合であまりやりすぎると注意されるから気を付けてw

手首や手腕のみの話じゃなくてあくまで全身でバットの重みを知りに行くこと!

形に囚われる選手はここがうまくできない傾向があるから注意が必要かも。最低でも肩甲骨から揺すれるようにはなりたいですね。そうするとスイングが変化してくるのが体感できるかな?

バットを振った時にひっかかりが起こらなくなるというか、スパッと振れたり逆にヘッドを遅らせてゆったり振ることもできるというか…重みがわかるとそこに対して無意識に操作が出来るようになるから、引き出しが増えるって感じかな?素振りやってるって人はやってみてください。

詳細はこちら

サブコンテンツ