バット中心操のもっとも効果の高い揺すり方とは??

これは以前からも多かった質問の1つです。ヘッドの重みに対してグリップを揺するのがバット中心操というように言っていたので、重みを感じないように揺するのが正しいのか重みを感じるようにヘッド側を動かすのかという部分で疑問が生じるって感じでしょうかね。バットの重心を感じるというのが目的なんでそこから逸れなければ何でもいいかなと。

どの位置にバットを置いてもそれは変わらない。それこそ形に囚われすぎると何のために揺すってるのかわからなくなるw

だから、自分の脳や身体をフル活用して良い揺すり方を工夫していく。それのガイドラインとなるのが四方や八方って感じかな?

たとえば四方の左方向のルートを両手で揺する場合。身体全体を使って気持ち良くゆったり揺すっていたら、自然とバットが下になっていた。

本人の意識では左、実際の形は下。重心を感じている度合いは100%

逆に四方だから正確に左じゃなきゃダメ。肩は水平にヘッドを下げない。形を守って。本人の意識では肩がキツイけど我慢して左、実際の形も左。重心を感じている度合いは0%

後者では、この練習はまったく意味がないわけです。このように考えていただければ非常にシンプルに打席に入れるかと思います。

詳細はこちら

サブコンテンツ