スピンのかかったボールを投げるための練習方法とは?

バット中心操はこのブログでは何度も取り上げてますがそれのボールバージョンですね。ビジュアル的に中心をわからせて、親指が中心にくるように握らせても良いスピンがかからないというのはよくあります。結局は投げているとき無意識にボールの重心を身体で感じ取れているかが重要だからですね。

握り方のテクニックはもの凄い数があると思うんですが、それらのベースとなる部分が少なすぎるかなと。たとえ真ん中になるように握れても、どこに対して、どのタイミングで、どの方向へ、どれだけの力を加えるのか?というのがわからなければいいスピンはかかりませんからね。

そういう意味でも「常にボールを握ってなさい」という指導はいいですよね。ただ重心を知るためにはズラした方がわかりやすいので、握っているだけよりも色々なポジションでボールを揺する方が子ども達には伝えやすいかなと。

中心が身体でわかってくるとテクニックが活きますからね。ぜひ毎日やってみてください。

詳細はこちら

サブコンテンツ