テイクバックで背中側へ肘が入りすぎるなら肋骨を前後動させる

ピッチングで背中側に肘が入りすぎてしまうという質問です。記憶が正しければ、高校の指導者の方からの質問だったと思います。ピッチャーをやってる子を指導していてテイクバックが遠回りするのでフォームを矯正しているみたいなんですが、どうも背中側に入りすぎてしまうからそれをどうにかしたいとのことです。

これは胸骨を境に左右の肋骨を前後に柔らかく動かすように練習すると上手くハマりますよ。

肩甲骨の可動域はもちろん必要ですが、胸や背中といった肋骨、鎖骨、胸骨が上手く連動してくれるとスムーズにスイングできるかと思います。リリースの球持ちの良さにも影響しますのでぜひやってみてください。

詳細はこちら

サブコンテンツ