飛距離をアップさせるためにお勧めなロングティーの方法

この3セットはかなり使えるぜ。ロングティーで飛距離を出す感覚を掴む練習をしている、または行う予定って人は参考にしてみてください。ピッチャー側の肩甲骨と肋骨を刺激し、捕手側の押し込むインパクトを意識させる。さらにストバスでバットや腕のリーチを短くして体幹主導でのスイングを徹底させる。

選手を指導してたとき、この3セットは鉄板でした。

この練習は、肋骨でトサーを引き起こすのが一番難しいかな?

ぐにゃっと感がストバスで生きるからなぁ。ハマった時は自分でビックリするほど打球飛ぶんだが、手腕主導のスイングが染みついてる選手は結構根気が必要かも。とりあえず少年達にはこの黄金の3セットを実際にやってみることをお勧めする!

詳細はこちら

サブコンテンツ