脊柱を柔らかく使って遠投をするとすごく良い練習になる

股関節間の体重移動を利用してノーステップで遠投を行う練習がありますが、脊柱の柔らかなしなりを利用しての遠投もまたいい練習ですよ。身体を大きく使って投げるように指導しても、ただ腕を大きく広げるだけで体幹が全く使えていないという投げ方になってしまう選手にお勧めです。

いつも通りボディスピンをしたときに、勝手に柔らかく脊柱がしなり上半身のタメを作れるようにするのが目的です。

これも両肩甲骨のライン付近が難しいですね。腰椎付近は自由脊椎ですので誰でも動かせるんですけど。それゆえムリに行うと腰に負担がかかるので注意してください。ゆったり柔らかく行うのがコツです。

単調なボディスピンが何段階もタメをつくれるスピンに変わってくるとピッチングでも球威が上がってくるはずです。ぜひ毎日のキャッチボールでお試しあれ。

詳細はこちら

サブコンテンツ