ピッチングで必要な肩周りのスムーズな動きとは?

ボールを投げる時の肩周りの動かし方を解説。肩甲骨の可動域も大切だけどやはり肘と肩甲骨と肋骨が連動してローリングする運動は欠かせません。ピッチャーやる場合はこの部分を改善するだけでかなり球質が変わってくる。投能力という面ではスローイングにも使えるし関節に負担をかけないようにするためにも小学生の指導に最適かなと。

ポイントは腕を前方へ持ってきたときにどれだけ肩甲骨が前へ出るか。ここはバッティングでも同じ。

ただ、一般的なストレッチとは異なり複数のパーツを連動させながらローリングしないといけないので注意が必要。無理やり伸ばしても良い動きは生まれません。毎日の努力ですね。

詳細はこちら

サブコンテンツ