脇を開くことで肘の動作がスムーズになりスイングが安定する

これは打撃フォーム寄りの指導になってますね。押し込む側の腕の使い方が苦手なバッターには良いかもしれません。脇を締めても締めなくても肘の支点が固定的でなければ強いインパクトは生み出せますが、押し込むイメージがなかなかできないという場合はあえてフォームを矯正するのも悪くないかと。

腕はコンパクトにスイングしても肘をこれだけ動かせればダイナミックなスイングが出来そうですよね。

脇を締めることで肋骨付近が拘束されてしまうとバッティングの場合は不利になるのでね。意外とここ大事。それからインパクトでどうもボールに負けてしまうという場合もこのポジションは使えるかも。

バットを下に垂らして脇を上げていくという動きは、良い感じでストレッチとトップの位置との関係に気づきやすいので暇があったら試してみてください。

詳細はこちら

サブコンテンツ