グリップの位置を修正してバットが振り出しやすい位置にする

最適なトップの位置を作っていくときに使える方法です。バットが振り出しにくいポジションで構えているというバッターにぜひ試してもらいたい練習ですね。肩の開きを我慢できないでグリップが早期にピッチャー方向へ出てしまう打者にも有効かも。こういうのは形が無いからアレンジすれば色々効果が得られそうです。

高校生からの質問かな?軸足に体重を乗せた時の垂直な軸がポイント。

ここを無意識に覚えこんでいれば、わざわざ目で見なくてもいわんや後方へわざと引かなくてもグリップの位置が安定してくるかなと。

上下動させるのは重心を動かすことで発生する変化を利用するため。リズム感が悪いと上手くできないかも。こういう動きは小学生のほうが得意そうかな?自分のバッティングフォームで自然と出てくるまで(※もちろん激しくでは無くわずかに揺する程度)行うのがベストです。

詳細はこちら

サブコンテンツ