寄せられたネガコメに回答してみた

いつもコメントやメッセージありがとうございます。唯一のモチベーションといっても過言ではない程嬉しいのでこれからも宜しくお願い致します!!・・・・さて、今回はタイトル通りネガコメに対して回答してみます。五輪で金メダルを取っても批判する人はするわけですから、こういうのはスルーすればいいのですが・・・。自分のスタンスをハッキリさせておこうという意味も含めて、これまでいただいた代表的なネガコメをまとめてみました。

お前は何者なんだ?

元プロ・トレーナーでもなければ東大卒のエリートでもありませんw
人様に自慢できる経歴などひとつもございません。指導を行っているわけでも無いため現状アフィリエイターとして活動しています。

野球下手くそだよね?

はい。めちゃくちゃ下手です。

信用していいものなのか疑心暗鬼

トレーニングや理論を強要しているわけではないです。

野球に限らずインターネットの情報は提供する側が一方的に押し付けるのではなく
閲覧する側が役立つかどうかを自分で見極めることが大切かと思いますので
疑心暗鬼なら強くはお勧めしません。

なぜ実践しない?能書きばかりでできないのでは??

おっしゃる通り私はできません。
仮に私が凄いプレーができたとしても、野球をプレーするのは私では無く選手ですから今後も野球を行う予定はございません。

何がしたいの?

努力しているのに思うように上手くならず、日々悩んでいて、藁にもすがる思いの人へ答えを提供したい・・・というわけでもありません。だいそれたことではなく、少しでも浮上のきっかけになるヒントになればと思って方法を提案しています。

コメントして下さった方のように野球が凄く上手な人・詳しい人・自分のスタイルがある人を対象にしているわけではありません。

キモい!※ね!

えええええ?!まだ死にたくないですwwwww

「正しい・正しくない」「効果がある・効果がない」ということを主張したいわけではありません。これらの情報をヒントに、取捨選択し、固定観念に縛られず、各々が独創的に工夫したりアレンジをして
自分自身の身体が持っている無限の可能性を少しでも引き出せるきっかけになればと。

何かを感じたのであればちょっと実戦してみるのもいいと思うし、興味がなければそっと閉じてください。実際に行ってみて自分に合わなければ止めればいいし、良い感じだったらちょっと様子を見るのもいいかと。

ネガコメについて思うこと

「無視されて三流、称賛されて二流、非難されて一流」元東北楽天ゴールデンイーグルス監督、野村克也氏の言葉をお借りすると、ネガコメも悪くないなと思う今日この頃w

でもさ、たまにものすごいコメントしてきたり何度も何度も同じようなコメントしてくる粘着系の人がいるわけです・・・病みすぎじゃね?wこっちが心配になるわ。

さすがにリアルで初対面の人に同じようなことは言わないんでしょうけど。

でも、そういう言葉が出てくるってことは潜在下では相当ストレスが溜まってるでしょうから、ついカッとなってグサッとやっちゃった・・・まではいかないにしろ爆発しちゃったときが心配ですね。

最後に一言だけ言って締めます!『肩肘張らずにもっと楽にゆるーく生きようぜ!』以上

詳細はこちら

サブコンテンツ