雨の日のセンストレーニングは【骨盤前傾操作】がお勧め!!

台風の影響で週末の試合が行えなかったという チームも多かったのではないでしょうか?というのも 悪天候時はメール相談が異様に多いんですよ(笑)多くはバッティングやピッチングの具体的な質問なんですが、『屋内でできるトレーニングでお勧めはありますか?』という質問も結構多いんですね。そこで、私が必ずお勧めするのが「骨盤前傾操作」です。

これはどこでもできるし、お金も機材も必要なく、 省スペースで最高ランクのトレーニングができますから断然お勧めです。私がよく行っていたのは、 サッカーの試合を観戦しながら選手の動きに合わせて骨盤前傾を行う!90分行ったら間違いなく翌日はお尻が痛くて走れませんね(笑)バリエーションも基本、片足、ツイスト、ボール… 屋内でもこれだけのトレーニングを徹底的に行えるわけです。

ピッチングでいえば何百球と投げ込んでも足りなくらいの 質の高いトレーニングが可能です。もちろん私は長い期間行っていましたので、 比較的長時間行っても質をコントロールできます。

が、問題は【量】ではなく【質】ですからお間違いなく。この質の話で面白い話があるんですよ。私はこの仕事を行う前はダイエット方法を教えていたんです。 いわゆるカルチャースクールで行うママさん向けのものですね。そこで質問を受けたのですが 『下半身をシェイプアップしたくていろいろ調べていたら台の上り下りが 効果的と聞いてさっそくやったんですが、なぜか逆に足が太くなってしまいました…』

メカニズムはこうです。

ブレーキ要素である大腿四頭筋、つまり腿の前を使って足を引っ張り上げ さらに踏ん張るように上体を持ち上げた結果… ブレーキ要素である大腿四頭筋の筋トレになってしまったということ。シェイプアップするはずがガチ筋トレになってしまったんです。 しかも要らないブレーキ要素の部分が…(笑)この例はもちろんセンストレでも同じことがいえますね。

バット中心操も良かれとやってみたものの、 “バットの重心を身体で感じる”という本質から逸れたやり方では ただバットを揺すっているだけになってしまいますからね。重要なのは… 『正しい情報をいち早く理解し、適切な量を高い質で行う』 これが最も重要です。

骨盤前傾はあらゆるスポーツにも効果的ですし、 野球でいえば走攻守投すべてに必要です。きつい筋トレのような類のものではなく、 股関節周辺の正しい使い方を意識する事が目的ですから 小学生でもどんどん行ってください。端的にパフォーマンスが向上しますから 徹底的にやり込んでほしいですね。 量ではなく質を!

詳細はこちら

サブコンテンツ