3打席連発のヤクルト山田選手 参考になりそうな動画いろいろ

メールNo.88 配信日2015/10/28

日本シリーズ第3戦はご覧になられましたか?
いやー、ヤクルト山田選手の3打席連発は私も久しぶりに興奮しました。

【動画】山田哲人選手3打席ホームラン
(※メルマガ限定リンク)

アウトコースもインコースもおかまいなしに
外野スタンドへ運ぶってかなり驚異ですよね。

とくに3打席目。
150キロのスピードボールと
縦に落ちるフォークボールが武器である千賀投手ですから
打者としては高低と奥行きの見極めが非常に難しい。

ストレートが続いた後の3球目のフォーク。
これの見極めが完璧だったので、ひょっとしてと思いましたが
あの厳しいインコースに反応してあそこまで運ぶというね…

ちょうどいい写真があったのでこちらもどうぞ
【写真】3打席目の右肩甲鎖部の押し込み
(※メルマガ限定リンク)

肋骨をひしゃげながら肩甲鎖部を押し込む・・・これはエグイな。

動作やスイング自体はゆっくりで構わないのですが
ロングティーなどでこの押し込みを行うと
気持ち良く振り抜けるのでお勧めですよ。

ボディスピンも素晴らしいのですが、それ以上に
テイクバックやトップの位置で残したグリップを瞬時に押し込んでくる
スムーズさはどの選手も目指すべき動作かと思います。

これができてくると
アウトコースを狙いつつインコースにも対応していく
まるで山田選手のような打撃スタイルも可能ですから。

そういえば、山田選手は11種類のティーバッティングで
真横から速いボールをトスしてもらいわざと詰まるような状況で、
インサイドにパッと反応する練習もしていましたね。

【動画】山田哲人~トリプルスリーの裏側
(※メルマガ限定リンク)
(※山田選手はバドミントンのシャトルを使ってのティーバッティングを行っていました)

バドミントンシャトル 10ダース(1ダース12個入り)

新品価格
¥15,800から
(2016/4/28 12:25時点)

振り出しの圧倒的な早さは特筆すべきポイントだと
何回か前に配信した公式メルマガでもいいましたが、
スローモーションだとその凄さが見て取れるかと思います。

フリーバッティングみたいなノンプレッシャー時にならまだしも
このようなバッティングをプレッシャーのかかる
日本シリーズのホームグラウンドで行うわけですから・・・
やはり今シーズンを象徴するスター選手です。

高校時から才能ある選手でしたが、
プロ入り後も弱点を克服する・長所を伸ばすために合理的に練習する。
練習もだらだらやるのではなく
やるときはすさまじいハードワークをするというメリハリは
みなさんもモチベーションが上がるのではないでしょうか?

少年の頃もティーバッティングを
日課にしていたというのも非常に興味深い話ですしね

これから野球はオフシーズンへと向かい
自主練でどこまでできるかが試される時期になりますから
これを機にバットを振り込んでみてはいかがでしょうか?

詳細はこちら

サブコンテンツ