夏の大会前に体の開きをチェックしよう!簡単な方法を紹介します

メールNo.17 配信日2014/06/02

みなさん調子はどうですか?
気が付けばもう6月ですよ…。

この時期はどのチームも夏の大会へ向けて追い込みをかけるので
メール相談がものすごく増えるのですが
やっぱりね…けっこう焦ってる方がいらっしゃるw

でも、まだですよ!
まだやれることはありますから粘り強くいきましょう。

大会前の調整1つ工夫するだけで
本番でベストパフォーマンスが発揮されるかどうかが決まってくる
といっても過言では無いですからね

精神的に追い詰められている時こそシンプルに
フォームなどは考えすぎず、ボールを打つ・投げることに集中することが大切ですよ。

フォームをチェックする場合は限定的に留めておくと混乱せず
自分のスタイルを見失うリスクは減ります。

たとえば、バッターもピッチャーも共通するポイントとしては「体の開き」
これは常にチェックしておいてください。

フォームをフルモデルチェンジするのではなく
いまのスイングで“間”がつくれているか?下半身から順に力は伝わっているか?
ボディスピンが淡泊になっていないか?

これらをまとめてチェックする方法は・・・
両肩甲骨のラインを意識してその部分で回転させる!!

これは椅子に座っていてもできるのでぜひ行ってみてください。
いやむしろ椅子に座って腰の回転を制御したほうがごまかせないため
より現在の状態がチェックしやすいかもしれませんね。

腕は前方へ肩の高さまで上げて左右両方へ交互に回転させる
肩が下唇にくっつくくらいスライドさせれば
腰、肋骨、両肩甲骨の3つを別々にスピンさせる(段々と回っていく)感じがつかめるかもしれませんね。

これは前述の通り
バッティングもピッチングも同じなのでぜひ行ってみてください。

その部分が難なくスライドするなら「後方へ捻る」とか「タメを作るために引く」といった意識は不要。
腰、肋骨、肩甲骨が別々にスライドして“勝手に”間を作り
身体の開きは抑えられるでしょう!

ちょっとやり方がいまいち伝わらないかもしれませんが
この方法は究極のセンスアップサイトのほうで扱おうと思うので
詳しくは説明しません。あえてね (w杯もうすぐですね!)

あ、そうそう
告知というか今後のアップデート予定というか・・・
究極のセンスアップサイトへ新しい動画を更新しようと思います。

胸椎周り系の方法は不特定多数の人がみるであろう
Youtubeチャンネルであまり一般公開したくないので

というか、もうこれから更新する動画は企画等以外はすべて
究極のセンスアップサイトで更新すると思います。

非公開動画なら冷やかしで観る方は皆無でしょうし
私も心置きなくガチモードで情報提供できますからねw

要望があったのは・・・

・イップス対策
・守備の素早く正確な動き
・今回の開き改善法
・粘り強いバッターになるためのコツ

こんな感じの動画をアップする予定です。

まだ究極のセンスアップサイトの
ログインパスワードを入手されていない方は
ぜひぜひゲットしてください!!

連日暑い日が続いておりますが
集中力が低下して怪我しちまった…ってパターンだけは絶対に避けてくださいね。

練習・指導ガンバってください!!!

詳細はこちら

サブコンテンツ