今年のセンバツはどうですか?!

メールNo.9 配信日2014/03/24

ホームページ制作業がライフワーク化しつつある今日この頃…くっ、センバツじっくりみたいぜぇw

今年は栃木県から2校も選ばれているので
これはぜひともセンバツ特集的なことをやりたかったのですが…そもそもaxislabの活動をしてませんね(-_-#)
昨日は佐日の田嶋君が好投したみたいで全国的に有名な選手になりそうですが、
注目の選手などがわからないほど情報を入れていないのでいまいち盛り上がらない…詳しい方注目選手教えてくださいw
体幹部を4つに分けてパーツ間をズラす…。

(※写真はリンク切れ)

うーん、栃木県大会では稲葉君のほうが良いかと思ってましたが田嶋君なかなか良いな。

胸椎1~4番あたりの固さが目立つ投手だと、ここまでタメは出来ませんから
この写真をみただけでもポテンシャルが高い投手だというのがわかりますね。

 

まだまだ固いし使えていない状態ではありますが
この部分を柔らかくするのは並大抵の努力ではできないでしょうし、
ここがプロへ行けるかどうかの分岐点になるのかなと思います。

 

 

先日アップした少年野球メール上達講座の動画でも解説しましたが
やっぱりね・・・幼少期ですよ。

無理ってことは無いですが
高校生よりも中学生、中学生よりも小学生。

やるならできるだけ早いうちから
脊椎周りを拘束させないように努力をしないと
残念ながら身体資源に恵まれている選手には勝てません。

脊椎動物である我々には「脊柱を開発する」ということはそれくらい大切。
背骨を柔らかく動かせるようにトレーニングする時間をわざわざチームで作ってもいいくらい重要。

脊椎動物のダイナミックな動きは
体幹部の柔らかさから生まれるっていうのは
老犬と子犬を見比べれば一発でわかりますよね。

トボトボ歩くのと飛び跳ねて転げまわるのとでは比較にならない!!

犬や猫ですらあれほど差が出るんですから
いわんやストレス社会に生きる現代人の背骨なんて…皆さんお疲れ様ですw

背骨周りをゆるめることは何にも増して重要だと思いますので
騙されたと思ってぜひやってみてください。

詳細はこちら

サブコンテンツ